感謝

感謝 HPX 社群創辦人 蔡明哲先生 以此講座鼓勵後輩:「面對多變的未來,記得要保持好奇與勇氣,這會讓你獲得更多的樂趣!」

小幫手: 丁巧蘋、陳思嘉、趙芳瑀

責任編輯: 張紹敏

南華大學外國語文學系 張由輝

探索科系,選擇未來,你應該先...

分享此講座

PART 1:關於就讀南華大學外國語文學系的經驗分享(日語講座)

講座章節開關
何故台湾なのか?

私は四つの名前があります。英語、日本語、韓国語と中国語です。私の先祖は昔朝鮮半島から日本に来ました、そして私は日本で生まれ育ち、今は台湾の大学で外国文学を勉強しています。そのため私は中国語、英語、日本語、韓国語をしゃべることができ、台湾語も少し話すことできます。私は学生の頃、勉強が苦手で特に英語が一番の苦手科目でした。しかし、フィリピン留学から帰ってきた兄の英語の上達ぶりに驚き、私次第に英語に興味を持ち始めフィリピン留学を決心しました。

私の夢は幼稚園の先生になることでしたが、父はこれに反対でした。何度も話し合い最後は父が中国語をマスターした後なら好きにしていいといわれ、台湾に中国語を学ぶために来ました。

中国と比べた時に、台湾の方が治安が安全で、物価も安いに加えて、ライフスタイルも日本と似ていたので、台湾に来ることにしました。私がアドバイスとして今台湾の大学を考えてる方々に伝えたいことは、もし日本で中国語の勉強をせず、台湾にきてから中国語を一から学ぶのは時間が勿体ないので、日本で出来る中国語の勉強は日本でしておくこと。もう一つは、台湾に来る目的を明確にすること。私は英語が好きという理由と、英語と中国語マスターしたいという思いから南華大学の外国語文学学科に入ることを決めました。

南華大学

南華大学は台湾の中央部に位置しており、公共の交通機関を利用して簡単にたどり着くことができます。キャンパスは大自然と様々なレストランに囲まれています。南華大学の特徴は全校生徒が必ず瞑想の授業を受けなければならないことです。わたしはこの授業で、瞑想を通してストレス発散する方法を学びました。南華大学のもう一つの特徴は奨学金です。私も一年生の時、学費全額免除の奨学金をもらい、今は学費の半分の奨学金を貰っています。

外国語文学学科

この学科は何を学ぶの?沢山の方が文学またはリーディングとか作文?と思うかもしれませんが、いろんな国の歴史や文化なども学びます。そして日本人のみんながネイティブレベルの英語のスピーキング求めますが、重要なのは発音よりも英語で何を発信するかです。その他にも、私の学部は言語学や英語教育に関する授業もあります。卒業資格として120時間の実習と、TOEIC700とMicrosoftの資格を三つ獲得しなければなりません。

学科の授業内容

基礎となる授業はもちろんライティングとリスニングで選択科目は西洋文学コース、言語学コース、専門英語コースの中から選ぶことができます。その他に外国語文学は幼稚教育学科と提携を組んでいるので、幼稚教育学科の必修授業も取らなければなりません。また人文学部の授業も必要です。私がこの学部で培った能力は何より英作文です。私の学科の英作文は少人数クラスで構成されるので一人一人しっかりと見てもらえます。

一年間を通して、自分の意見やプレゼンテーションに対して自信を持てるようになり、ほかの国の文化や歴史などの知識をつけることができました。言語、文化、歴史、教育などに興味がある方にこの学科をおすすめします。卒業の進路としては多くの人が大学院や、観光、英語の教師、航空会社などに進みます。

印象深い授業

社会言語学が私の一番好きな授業です。この授業は言語に関することを学びます、例えば方言と言語の違いは何なのか、男女に言語の違いはあるのか、など。もう一つは文化交流の授業です。ここで学んだことは物事を色んな観点から見なければならないということです。例えば、九月の十一日にアメリカで起こったアメリカテロ事件や、チベット地区にある強制収容鵜所など色んな角度から学びました。また授業の一環として、近くの小学校に行きそこの学生たちに他国の文化の事を教えたりもしました。個人的に航空英語や、言語発達の授業も好きです。

課外活動

No volleyball, No life. 私はバレーボルがとても大好きで、今も学科のバレーボールチームに参加しています。私がキャプテンを任されてから一番難しかったことはみんなに中国語で練習を教えなければならなかったことです。他の課外活動としては、学校で開催される英作文大会や、朗読大会などに参加しました。最初は自分の英語力の自信がなく、緊張しましたが、結果は両方とも三位を取ることができました。私はこの大会を通して失敗もたくさんしましたが、一番重要なことは失敗してもめげずにやりきることです。また、私は嘉義で行われランターンフェスティバルにガイドとしても参加し、沖縄から来た人たちをガイドしました。本当に色んないい経験をすることができました。

台湾 vs 日本

台湾に来る前、私は台湾について全く何も知りませんでした。それゆえ台湾の人は毎日餃子や小籠包しか食べなければ国自体もそんなに発展していないイメージでした。しかし実は台湾にはたくさんの美味しい食べ物や飲み物がたくさんあることがわかり、国自体もとても発展しており驚きました。台湾に一人で来たときは生活のスタイルや、言語に慣れるのに時間がかかり、なおかつ物件探し、バイクの免許獲得など、あらゆることをすべて自分でしなければなりませんでした。しかし、そのおかげで、自立心を鍛えることができました。

台湾にきて成長できたこと?

私も言語学習者として、言語を学ぶ上で様々な困難に会いました。そして私が思ったのは、言語学習はダイエットと同じようなものということです。毎日途切れず続けていくことが一番重要です。台湾にきて言語面だけではなく、自分で何でもする力を養うことができました。最後に伝えたい座湯の銘は、やらない後悔よりやる後悔。もう一つは、Play hard and Work hard です。

Why Taiwan?

Cyrus(張由輝)has four names. His ancestors came from Korea to Japan, and he is currently studying in Taiwan as a student in Foreign Languages and Literature. As a result, he speaks Korean, Japanese, English, Chinese, and even a bit of Taiwanese now. “I didn’t study much in high school. English was the subject I dislike the most.” However, after seeing his bother’s huge improvement in English after going to the Philippines, Cyrus got interested in learning English and studying abroad.

Cyrus’ dream was to become a kindergarten teacher, but his father was negative about the idea. After many intense arguments, Cyrus’ father told him: ”As long as you can master a foreign language, you can do whatever you want!” Coming to Taiwan is the end result of the argument. 

Comparing to China, Taiwan is a safer and cheaper place to learn Chinese. The lifestyle in Taiwan is also quite similar to Japan as well. Cyrus advises people who are interested in coming to Taiwan: “If you didn’t study hard in your home country first but would like to come to Taiwan to study from scratch, it would be a waste of time. You should always think clearly about what you want to achieve.” In order to learn both English and Chinese, Cyrus chose the Department of Foreign Languages and Literature at Nanhua University. 

Nanhua University (NHU)

NHU sits in the middle part of Taiwan, it can be easily reached by public transportation. The campus is surrounded by beautiful nature and plenty of restaurants. One of the characteristics of NHU is that students here are required to take one meditation class. “I enjoyed it a lot! It kept me from stressed out.” For those who are planning to study here, NHU offers many kinds of scholarships. Cyrus himself has been consistently financed by scholarships since his freshman year.

The Department of Foreign Languages and Literature

Is learning languages all about reading, listening, and writing? “No, we can’t avoid

the history, culture, and the thoughts behind each language.” There’s no need to speak perfect English like native speakers, but the students in the Department of Foreign Languages and Literature also have to learn about linguistics and education. The university offers tutorial classes for students who have difficulty with their study. To meet the requirements of the bachelor degree, students must do 120 hours of internship, attain at least 700 on the TOEIC exam and get 3 certifications. 

Courses From The Department of Foreign Languages and Literature

The core courses of The Department of Foreign Languages and Literature are Writing and Advanced Listening. Every student can choose different programs such as Western Literature, Linguistic, and Professional English. Students also need to take several courses in the Department of Early Childhood Education and mandatory courses from the College of Humanities. “The most important ability I gained here is English writing skills.” Cyrus mentioned that since there are few students in the composition class, each student’s performance is closely evaluated. 

After a year of studying here, Cyrus feels more confident in giving public speeches and has more respect for other cultures. He suggests those who are interested in languages, culture, and education to consider studying in this department. Students who graduate here can easily acclimatize to the field of research, tourism, English education, aviation industry, etc.

Interesting Courses

Sociolinguistics is one of Cyrus’ favorite courses. He learned about the difference between languages and dialects as well as the use of language between different genders. The Introduction to Cross-Culture also has a big impact on him. “We need to learn different things from different countries, such as the concentration camps in Xinjiang and the 9/11 Attacks in the USA.” Besides his personal reflections, he is required to share this knowledge with children. Other courses Cyrus enjoyed very much are Language Development of Children and Aviation English.

Extracurricular Activities

“No volleyball, no life.” Cyrus has always been a big fan of volleyball. He joined the volleyball team of his department. At first, he found it hard to practice with his teammates because of the technical terms in Chinese. However, after overcoming his barrier, he is now the leader of the volleyball team! Also, Cyrus has participated in English composition contests and English recitation contests. “I wasn’t confident with my language skills, but I won prizes in both contests unexpectedly!” He has learned that it is okay to risk failure, the key to success is keeping on trying. Outside the school, Cyrus has volunteered at the Light Festival in Chiayi as a tour guide for people from Okinawa, which was a truly memorable experience for him. 

Taiwan vs Japan

Before coming to Taiwan, Cyrus knows little about this small Island. “I thought people in Taiwan eat Xiao Long Bao and dumplings all the time! Soon I discovered that Taiwan has all kinds of delicacies and incredible drinks!” For Cyrus, Taiwan is a well-developed country and is full of caring people. Coming to Taiwan alone, Cyrus says that it does take time to get used to the local language and socializing with local people, but he has learned to be independent. He arranged everything himself, including finding accommodation and getting a driver’s license in Taiwan.

What I gained coming to Taiwan?

At first, Cyrus worked really hard in class but didn’t get good results. “I’ve learned that learning foreign languages is like losing weight. You need to keep on practicing to meet your goal.” Coming to Taiwan not only improved his language skills but also made him a more prudent and braver person. He encourages people who are watching his talk: “Better regret after doing something you dream to do than regret missing all those opportunities. Play hard and work hard!”

PART 2:關於考取南華大學外國語文學系的準備分享

尚未錄製,歡迎至 IOH 臉書社團:大學科系與升學經驗交流平台 發問,或私訊 IOH 粉絲專頁

PART 3:針對觀眾的提問進行答覆

想詢問講者更多問題嗎?歡迎至 IOH 臉書社團:大學科系與升學經驗交流平台 發問,或私訊 IOH 粉絲專頁

分享此講座